BLOG

スタッフの思うまま、日々の出来事や、気になった事、オススメ情報などを書いていきます。
忘備録も兼ねています。

【おすすめ】貴志祐介の世界。

最近は参考書や技術本を読むばかりで、めっきり小説など読む機会が減った私ですが、高校時代から変わらず読み続けている作家さんがいます。それは貴志祐介さんです。 ここ最近は探偵シリーズなどが出版されていて、
『鍵のかかった部屋』という作品は、嵐の大野君が主演でドラマ化されています。
(個人的に推理ものは、読み終えた後、頭が良くなった気がして好きです)

貴志さんの、一度読むと引き込まれていく世界観はたまりません。
ぜひ読んでいただきたい2冊をご紹介いたします。


“クリムゾンの迷宮”

(1999年4月 角川ホラー文庫 / 2003年2月 角川書店)

貴志祐介さんの作品の中で最高傑作という声もある作品です。
生き残るために凄惨なサバイバル・ゲームをするという作品ですが、 読んでいくうちに、やめられなくなります。

“青の炎”

(1999年10月 角川書店 / 2002年10月 角川文庫)

私が初めて読んだ貴志作品です。
この作品は嵐の二宮くんの主演で、映画化されています。
初めて読んだのは高校生の頃ですが、背景にある切なさや緻密な計算のもとに行われる犯罪の流れに引き込まれました。


お時間があるときにでも是非、読んでみてください。

<<PREV

Adobe Creative Cloudは革命的。

NEXT>>

Flipboard日本語対応にみる今後の『ウェブ』。



CONTACT&OTHER

〒870-0839
大分市金池南一丁目5番1号
コレジオ大分2F

メールでお問い合わせください。